• カテゴリー別アーカイブ きびまる豚
  • 山本大五郎放牧本物アグーとは別の、ストレスフリーに育ててエサもとびきりな白豚三元豚・きびまる豚

  • ミートソース

    d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_14.JPG

    みんな大好き(^o^)/ミートソース。

    てだこ(^o^)亭では、仔牛肉ではなく、ご存知きびまる豚で作ります。

    きびまる豚は、三種類の白豚の掛け合わせ(いわゆる三元豚)で、山本大五郎の黒豚とはまた違った美味しい豚肉です。

    豚肉王国沖縄ですが、食べられないくらいのひどいものがよくあるんです(。-_-。)当たり外れがある家畜は、私には使えません。味にブレがあるといのは、ブレる何かの原因が、生育過程にあるんだと想像します。私たちには、わからない、見えないところに理由があると思うから、使いません。

    だから、なかなかメニューに、本物アグー豚以外で載せられる豚肉が、長らく無い状態が続きました。

    でも、ようやく、きびまる豚という、納得いく育て方、味の豚肉に出会えました。嬉しかった~(^∇^)ずっとずっと待っていたからね。嬉しくて何度も語っちゃうよ(笑)

    豪快な骨付きローストは、大五郎の本物アグー豚で、楽しんで。

    気軽なミートソースは、きびまる豚で。

    (^∇^)


  • 北と南

    d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

    大人気、きび丸豚のミートソース、上が北イタリア風、下が南イタリア風です。

    北イタリアは、冬に雨が多いので春からの青草も豊富。ですから、牛を育てることができるので、ミルクやバター、チーズもたくさんできます。

    南は雨が少なく、乾燥した気候で、土地も水はけがいいため、あまり緑が豊かとは言い難い地質。山羊や羊を育てるのがメイン。トマトを育てるなら南は最適。北が雪に覆われていても太陽サンサンのシチリアなんかも南イタリアです。

    それぞれの特徴があるのが、細長い国ならでは。日本も然り。楽しいですね。


  • ミートソース復活*\(^o^)/*

    d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.JPG

    山本大五郎の本物アグーは、養豚再開しましたが、いわゆる氾濫系白豚ブレンドの巷あぐーと違いなかなか大きくなりません。今しばらく、お待ちくださいね。

    さて、養豚休止してからずっと、大人気のミートソースも、お休みして居ましたが、ようやく、美味しくてストレスフリーな、白豚に出会い、アレコレと試作して、みんな大好きミートソースが、復活いたしましたよ(^o^)/

    県産豚や、白豚ブレンド巷あぐーは、ときに食べられないくらい臭いのがあり、私はあれがイヤで豚肉をずっと使っていませんでした。当たり外れのある家畜は、育て方がガサツだから、品質がブレるんです。天然物とはわけが違います。経営者の姿勢がそのまま味に出ますから。

    今回初登場の白豚三元豚【きびまる豚】は、肉質安定のためなんと6年間かけて、味や香りのブレをなくしました。通常沖縄レベルなら、6年前にとっくに出荷開始でしょう(^_^;)本当に香りがよく、脂も品があり、ワイルドな大五郎の黒豚にくらべて色白美人な感じかなぁ。

    そして、家畜として幸せに暮らしているか?という私の一番のテーマについてもクリア、いろんな話を業者さんと話していましたら、私の考えと同じで、まるで私が養豚してるみたいな(笑)。あとは放牧してほしいだけ、くらいかな。元々放牧だったそうですが、なかなかたいへんで(でしょう)、いまは開放豚舎ですが、将来的には放牧復活も視野に入れているそうです。

    20130912_153910_3.jpeg

    そんなきびまる豚を使ったミートソースは、二種類(^o^)/

    北イタリア風VS南イタリア風!

    南北のイタリアをイメージして作りました。

    私がミートソースを習ったのは北イタリアのボローニャでした。もちろんボロネーゼの発祥の地。

    しかし近郊モデナでは、モデネーゼと呼んでいましたから、相変わらず地元ラブなイタリア(^_^;)

    ところ変われば呼び名やレシピも様々な、ミートソース。どんな地域でもその土地の作り方や、家庭により違います。

    てだこ(^o^)亭では、私のレシピで、北と南を作ってみました。

    南はあっさりトマト風味。

    20130912_153910.jpeg
    北はもちろんしっかりチーズクリーム。

    20130912_153910_2.jpeg

    どちらも美味しいよ(^o^)/

    きびまる豚は、月に数頭しか出荷されません、ほとんどが、県外出荷なので、品切れの時はごめんなさい。昼夜あります。

    南イタリア風1500円
    北イタリア風1700円。